顔晴れ店長!ブログ

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その60まずいケチ臭いしつこい試食でお客様が引いている事実に気づこう



第6章:プロモーションの健康状態を調べよう

⑫まずいケチ臭いしつこい試食でお客様が引いている事実に気づこう

「うわ~この試食まずいわ~」
「え?こんな小さな試食で味って分かるの?ケチ臭~」
「この人の試食を受け取ったら、買え買えとしつこく言われそうだな~止めておこう」

デパ地下やおみやげもの売り場で、お客様に購買意欲を高めていただくために、積極的に試食をお薦めしている店がよくあります。始めて見る商品やキャッチコピーに心引かれた商品などは、「ちょっと試食してみようかな」、と思うものです。

ところが、試食・・・すればするほどお客様が引いてしまうようなやり方をしているところが少なくないのです。
試食の本来の目的は「一度食べてみて『美味しい』と言うことを実感していただく」ことです。その結果、お客様は「よし、買おう」と決めるのです。もちろん決めるのはお客様です。

しかし、この目的をまったく無視しているような試食をとてもたくさん目にするのです。
そう言う店の特徴は、

1)販売員がじっと睨んでいて試食が取りにくい
2)試食が小さすぎて味が分からない
3)試食が冷めていてまずい
4)試食したらしつこく「さあ買え」とプレッシャーをかけてくる
5)お客様を見て試食をさせたりさせなかったりする

もちろん、彼女たちにも事情や理由があるのでしょう。
衛生的な問題もあるし、試食コストのこともあるし、食べるだけで買わない客には興味ないし・・・

でも、世の中の上手な販売員や繁盛している店の試食はこの5つと全く逆のことをしているのです。


1)販売員はニコニコしていて「どうぞどうぞ」と言う態度で試食を薦めている
2)ビックリするほど大きくカットしている
3)冷めても美味しいかもしくは温かいものを試食するようにしている
4)1)同様に「お味見だけでもどうぞ」とまったくプレッシャーをかけない
5)とにかく群がる人全てに試食を渡そうと一生懸命

こう言う店は流行っているのです。
販売員の態度が、まったくお客様の気持ちを考えていない無愛想なのは、経営者や店長の指導や姿勢の問題です。そんなケチなことをするのならば最初から試食をしない方が売上げは上がります。

小さく切ってコストダウンを考えるのも同様です。
味が分からないんだから買う気にもならないのです。

一番の問題は、「冷めてまずいものを試食させる」ことです。
これをすることによりその店の評価評判は、どんどん低下します。
最初から冷たいものは別に良いのですが、「熱々が美味しい」と言う商品を冷めた状態で試食させて味が伝わるとでも思っているのでしょうか?それとも、「うちのは冷めても美味い」と自信を持っているのでしょうか?

お客様は「熱々で美味しいもの」を冷めた状態で食べたいから買うようなことはしないのです。
お持ち帰りならば、もう一度温めてから食べたいと思っているのです。
だから、温かい状態での味を知りたいのです。

あるお持ち帰り総菜店では、試食の商品を温め直してからお客様に試していただいている店もあります。
お客様は、何も出来たてを試食させろと言っていないのです。別に電子レンジでチンでも良いのです。ほんのチョット気づかいを見せるだけで、その試食はぐぐっと美味しくなるのです。だからそういう店は売れているのです。

あなたは、まずい試食をしていませんか?
あなたは、ケチ臭い試食をしていませんか?
あなたは、試食のコストばかり部下に文句を言っていませんか?

おっと・・・試食を食べるのが大好きな私は、試食について書き始める止まらなくなっちゃうので、今日はこの辺で止めておきますね。

※冒頭の写真は、これでもか!と言うくらい贅沢な試食をさせてくれる武蔵野市のパン屋さんです。もちろん繁盛店ですよ!

※「お店の健康診断」「お店の健康回復ドクター」「売上を伸ばし続けるPDCA」「ショップPDCA」などのセミナー、研修、コンサルティングについては、弊社までメールをいただくか、このホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

※アメブロで、ブログバックナンバーの改定新版を毎日更新しています。
 読み逃した方は、こちらもどうぞ

http://ameblo.jp/aitejiku/


  • 同じカテゴリー(顔晴れ店長!ブログ)の記事画像
    2016年5月31日(火) 飲食店のレベルはトイレを見ればわかる
    フランチャイズwebリポート専門家コラム連載の第18回がUPされました
    2016年5月30日(月) 成果を売上に置き換える方法とは?
    2016年5月29日(日) クライアントの望む成果とは何か?
    2016年5月28日(土) クライアントは講師の何に価値を見いだすのか?
    2016年5月27日(金) 買っていただけるのはベネフィットがあるから
    同じカテゴリー(顔晴れ店長!ブログ)の記事
     2016年5月31日(火) 飲食店のレベルはトイレを見ればわかる (2016-05-31 06:07)
     フランチャイズwebリポート専門家コラム連載の第18回がUPされました (2016-05-30 08:40)
     2016年5月30日(月) 成果を売上に置き換える方法とは? (2016-05-30 06:16)
     2016年5月29日(日) クライアントの望む成果とは何か? (2016-05-29 06:10)
     2016年5月28日(土) クライアントは講師の何に価値を見いだすのか? (2016-05-28 06:39)
     2016年5月27日(金) 買っていただけるのはベネフィットがあるから (2016-05-27 06:35)
    • author: PEOPLE&PLACE(ピープル&プレイス)
    • 2014年10月17日
    • 23:39
    • コメント(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。

    この記事へコメントする

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    ▲ページの先頭へ

    • 店舗力診断
    • PEOPLE&PLACE代表・松下雅憲プロフィール
    • 「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣
    • 「競合店に負けない店長」がしているシンプルな習慣
    • 代表・松下のブログ
    • 毎日よもやまブログ
    • お気軽にご相談ください
    • お問い合わせ
    • メルマガで情報を素早くGET!
    • 何度も食べたくなるピッツア研究所
    • この本いいね!おもしろい!
    • 松下雅憲個人ページ
    アクセスカウンタ
    読者登録
    メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
    現在の読者数 30人
    オーナーへメッセージ
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    そうだ「お店の健康診断」をしよう:その60まずいケチ臭いしつこい試食でお客様が引いている事実に気づこう
      コメント(0)