ブログ 毎日よもやまブログ

2016年1月9日(土) 正論・理想論を棚に上げずに具現化にチャレンジしてみる

2016年1月9日(土) 正論・理想論を棚に上げずに具現化にチャレンジしてみる

MacBookAir 起動!おはようございます!

今朝の吉祥寺は、晴れ!!

今朝もお星様が綺麗です!


先日、深く関わりのあるプロジェクトのミーティングに参加して感じたことです。

ディスカッションをしていると、すばらしくもっともなことを言う人が出てきます。

いわゆる「正論」です。

正論ですからまさしくそれは正しいのです。

でも、現実にはそうは上手く行かない壁や障害が目の前にあります。

誰もがそれをわかっています。

正論を言う人も薄々分かってはいます。

しかし、正しいので誰も反論が出来ません。

そこで、議論は硬直します。

時には、時間切れとなり結論は次回に持ち越しとなります。

次回はその正論を棚に上げて話を進めることになります。

そうやって、正論は無視されてしまいます。

しかし、正論って無視してはいけないのです。

だって正しいんだから・・・

それが理想であるのであれば、ほんとうはその正論を実現させるためにどうするかを議論すべきなのです。

でも、それだと話が進まないので、棚に上げるのです。

この日、私は、ディスカッションのメンバーに正論を棚に上げようという空気を感じました。

私も一瞬その空気に同化しようとしていました。

しかし、ふと思ったのです。

「この正論を少しでも具現化しよう。全部がすぐに出来なくても、少しだけでもやってみるかはあるんじゃあないか」


私はメンバーにそう提案をしました。

正論を一気に全部やろうとしても現実には無理があります。

しかし、正論も分解すればすぐに出来る事はいくつかあるのです。

ほんの小さなことでも、正論に一歩近づけるようにするために、何かを具体的にやれと決めることが大切なのです。

この日は、あるミーティングの日程を具体的に決めてしまうことでそれを行いました。

今までは、やろうねとだけ言って日にちは決めていなかったのです。

おかげでほんの一歩ですが、正論に近づくことが出来ました。


このように、例えそれが正論で、理想論で、現実とは難しいことでも、みんなで一歩だけそこに近づけるために具体的な行動をしてみるのです。

そうすることで、正論を正論のままにしない建設的な議論となれるのです。


「その意見、提案、アイデアを実現させるために、具体的な行動を決めよう」

この一言がとても重要です。

「それはそうとして現実的には難しいからそれはまた後にしよう」

この考えの方が前進しているようで、実は何も進んでいないのです。


「正論」「理想論」が出てきたとき、今までと行動を変えてみる。

きっと面白いことが起きますよ。

きっとね。


さて、今日はアポイントメントがないし、締め切りが少し先なので、チョットのんびりムードで仕事をします。

でも、起動は気合いを込めて行います!!

がおおお~♪ヽ(´▽`)/


※写真は、昨日のランチ!久々にいきなりステーキの300gハンバーグでした!美味し(^▽^)/

  • 同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
    2020年4月6日(月) 還暦おじさんの再起動奮闘記:きょうもおとなしくしています
    2020年4月5日(日) 還暦おじさんの再起動奮闘記:コンテンツのブラッシュアップに努めます
    2020年4月4日(土) 還暦おじさんの再起動奮闘記:師匠から元気をいただきました!
    2020年4月3日(金) 還暦おじさんの再起動奮闘記:眼科検診異常なし
    2020年4月2日(木) 還暦おじさんの再起動奮闘記:9年目に入りました
    2020年4月1日(水) 還暦おじさんの再起動奮闘記:さあ新学期だ!!
    同じカテゴリー(ブログ)の記事
     2020年4月6日(月) 還暦おじさんの再起動奮闘記:きょうもおとなしくしています (2020-04-06 06:22)
     2020年4月5日(日) 還暦おじさんの再起動奮闘記:コンテンツのブラッシュアップに努めます (2020-04-05 06:38)
     2020年4月4日(土) 還暦おじさんの再起動奮闘記:師匠から元気をいただきました! (2020-04-04 06:13)
     2020年4月3日(金) 還暦おじさんの再起動奮闘記:眼科検診異常なし (2020-04-03 06:56)
     2020年4月2日(木) 還暦おじさんの再起動奮闘記:9年目に入りました (2020-04-02 07:03)
     2020年4月1日(水) 還暦おじさんの再起動奮闘記:さあ新学期だ!! (2020-04-01 06:41)
    • author: PEOPLE&PLACE(ピープル&プレイス)
    • 2016年01月09日
    • 06:29
    • コメント(0)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。

    この記事へコメントする

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    ▲ページの先頭へ

    • 店舗力診断
    • PEOPLE&PLACE代表・松下雅憲プロフィール
    • 「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣
    • 「競合店に負けない店長」がしているシンプルな習慣
    • 代表・松下のブログ
    • 毎日よもやまブログ
    • お気軽にご相談ください
    • お問い合わせ
    • メルマガで情報を素早くGET!
    • 何度も食べたくなるピッツア研究所
    • この本いいね!おもしろい!
    • 松下雅憲個人ページ
    アクセスカウンタ
    読者登録
    メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
    現在の読者数 27人
    オーナーへメッセージ
    削除
    2016年1月9日(土) 正論・理想論を棚に上げずに具現化にチャレンジしてみる
      コメント(0)